鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【日曜中山】スプリンターズS(G1)予想

《秋のスプリント王決定戦》

2022年10月2日(日)

【中山11R】スプリンターズS(G1)

◎⑬メイケイエール

◯⑨ナムラクレア

▲⑩タイセイビジョン

△⑫、⑧、⑥、①、④、②

 

〈メイケイエール〉

前走のセントウルSが非常に強い内容。

勝ち時計も1:06.2と非常に優秀。

課題の折り合いも全く問題なかった。

今回は、7枠13番に入った。

ベストは内枠だが、今なら外枠でも問題ない。

先行力がある点も強みで、ペースが遅くなっても大丈夫。

調教が抜群で、陣営からは「昨年とは何もかもが違う」と力強いコメントが出ている。

データからは、前走セントウルS2着以内・勝ち馬データ・4歳馬・牝馬・継続騎乗などの

プラス材料がある。

 

ナムラクレアは、前走北九州記念で3着。

敗因は、時計が速すぎたこと。

少し時計が掛かった方がいいタイプで、コース替わりがプラスに働く。

中山は初めてだが、全く問題ない。

調教は抜群で、陣営は「明らかに春とは実の入り方が違う。最高の状態で送り出せる」と

コメントしている。

 

安定感抜群のタイセイビジョン

2着が続いているが、近2走は一番強い競馬をしている。

コース替わりで、少し時計が掛かればチャンスは増す。

陣営は「G1でも展開ひとつでチャンスはある」とコメントしている。

 

ヴェントヴォーチェは、同舞台の4走前が非常に優秀。

前走のキーンランドCは、展開利が大きく評価できない。

コース替わりはプラス材料。

陣営は「中間の状態は良好。G1でどこまで通用するか楽しみ」とコメントしている。