鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【日曜阪神】大阪杯(G1)予想

昨年は、レイパパレが無傷の6連勝で制覇。

道悪を味方に逃げ切った。

倒した相手は、コントレイルとグランアレグリアだった。

今年も豪華なメンバーが揃った。

雨の影響もあるか。

 

『エフフォーリアとジャックドールの2強か?』

2022年4月3日(日)

阪神11R】大阪杯(G1)

◎⑤アカイイト

○⑥エフフォーリア

▲④ジャックドール

△⑭、⑪、⑬、⑨、⑧

 

アカイイト

昨年はエリザベス女王杯を制覇したが、展開が向いた勝利だった。

前走の金鯱賞が評価できる。

この馬には向かないペースだったが、差して3着を確保。好タイムだった。

幸騎手の好騎乗で、いつもより前で競馬できた。

今回のG1のペースは、この馬に絶対向く。

上がりがかかると、前走以上の走りが期待できる。

陣営は「前走はここを見据えての仕上げだった。叩いた今回の方が動けるはず。ジャックドールが内にいて良かった」とコメントしている。

データは、勝ち馬データ・継続騎乗などのプラス材料がある。

「内めの枠が優勢」という土曜日の傾向・大阪杯で走る血統もプラスに働く。

得意の阪神で、好勝負を期待。

 

〈エフフォーリア〉

昨年の年度代表馬

状態は「有馬記念以上」とコメントが出ている。

どのコースでも走るが、ベストは軽い芝。

データからは、「関東馬不振」のマイナス材料が出ている。

それでも実績は断然トップで、ここで大敗することは考えられない。

対抗評価からは下げられない。

 

〈ジャックドール〉

昨年のレイパパレと同じ5連勝中。

前走の金鯱賞は、逃げて圧勝。レコード勝ちだった。

ただ、そこからの中2週がどうか。

前走のレース後に「4コーナーでは、いつもより手応えが苦しかった」とコメントしていた。

今回は、アフリカンゴールドとの兼ね合い・G1のペースに対応できるかが鍵。

それでも調教は抜群で、陣営も自信あり。

G1でどんなレースを見せてくれるか注目したい。

 

 

【最新動画】