鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【日曜中山】皐月賞(G1)予想

先週の桜花賞は、スターズオンアース。

今週の皐月賞は、人気がかなり割れている。

今年のクラシックは、牡馬・牝馬ともに大混戦。

今週も思いきって狙う。

 

《牡馬クラシック1冠目》

2022年4月17日(日)

【中山11R】皐月賞(G1)

◎⑨サトノヘリオス

○②アスクビクターモア

▲⑫ドウデュース

△④、⑥、⑭、⑩、⑯、⑬、⑧

 

土曜日の中山芝は、雨の影響で時計がかかっている。

現在は稍重発表で、日曜日は曇り予報。

雨が降るか微妙。

 

〈サトノヘリオス

2走前のホープフルSは13着と大敗したが、

「見えない疲れがあった」と敗因がある。

前走のスプリングSは、上がり最速で3着まで追い込んだ。

ジョッキーも「本番が楽しみになる競馬」とコメントしていた。

この馬は2000mベストで、条件は前走以上。

一度使って、状態も上向いている。

陣営は「中山で積み重ねてきた経験値はプラスに働く。G1のペースも向く」と

コメントしている。

血統面からも、ここで狙ってみたい。

 

アスクビクターモアは、中山3戦3勝。

クラシック3冠で一番合っているのは、皐月賞

調教は抜群で、陣営からは「G1の方がレースはしやすい。状態も申し分ない」と

力強いコメントが出ている。

本命候補だったが、土曜日の競馬で内枠が活躍していないことを考えて対抗評価。

 

ドウデュースは、前走で中山2000mをクリア。

一度経験したことで、今回は前走以上の走りが期待できる。

この馬も調教は抜群で、自在性がある。

ここも有力。

 

キラーアビリティは、ぶっつけがどうか。

横山武史騎手×キャロットファームは4週連続。

 

ダノンベルーガイクイノックスは、課題が多すぎる。

不安材料が多いのに、上位人気になるなら消し評価。