合同会社鷲田鷲男商店

競馬予想とデータ収集とブログとnoteとたまにボートレース担当 鷲田好位置  一口馬主とつまみと酒と旅担当 鷲田鷲男

【日曜東京】毎日王冠(GⅡ)予想

天皇賞(秋)の前哨戦》

2022年10月9日(日)

【東京11R】毎日王冠(GⅡ)

◎③サリオス

◯②ノースブリッジ

▲④ダノンザキッド

△⑤、①、⑥、⑦

 

〈サリオス〉

前走の安田記念は、タイム差なしの3着。

持続力の馬が瞬発力勝負で好走したことは、かなり評価できる。

今回は4ヶ月の休み明けだが、状態がかなり良さそう。

調教が抜群で、陣営からは「息の入りが良好。心肺機能は2歳秋の時に匹敵するぐらいいい」

と力強いコメントが出ている。

データからは、前走安田記念4着以内・5歳馬などのプラス材料がある。

斤量56kgもプラス材料。

毎日王冠2勝目と完全復活を期待する。

 

ノースブリッジは、前走エプソムCで重賞初制覇。

かなり難しい馬で、岩田騎手とのコンビが絶対条件。

調教が抜群で、陣営は「先週の段階で状態がグンと上がってきた」とコメントしている。

ハナがベストだが、控える競馬も問題ない。

先行して持続力で勝負したい。

 

1800mベストのダノンザキッド

東京1800mでは、東スポ杯2歳Sを制覇している。

持続力タイプだが、前走は上がり32.6秒を使った。

陣営は「距離とコースは申し分ない。いい状態で行ける」とコメントしている。