鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【日曜阪神】マイルCS(G1)予想

20日(日)の阪神競馬場は、雨予報が出ている。

道悪の可能性は十分ある。

 

《秋のマイル王決定戦》

2022年11月20日(日)

阪神11R】マイルCS(G1)

◎⑪ソウルラッシュ

◯⑨ピースオブエイト

▲④シュネルマイスター

△③、⑥、⑮、②、⑩、⑰

 

〈ソウルラッシュ〉

前走の富士Sで課題を一気にクリアした。

速い時計・瞬発力勝負に対応したことが評価できる。

今回はコース替わり・叩き2戦目が大きなプラス材料。

道悪は3戦3勝と大得意。

マイラーズCも雨の影響が大きかった。

当てはまるプラスデータは、4歳馬・富士S組・継続騎乗など。

陣営は「ひと叩きでイメージ通りに良化している。雨が降っても気にならない」と

コメントしている。

 

ピースオブエイトは、道悪が得意。

毎日杯は雨の影響が大きかった。

前走の富士Sは、初の1600mで良さが出た。

前の3頭とは力差が大きいが、道悪なら怖い存在。

陣営は「反応良く動けていた。ゲートも出るようになってきた」とコメントしている。

 

シュネルマイスターは、巻き返しが期待できる。

前走のスプリンターズSは度外視できる。

今回は叩き2戦目で状態が良くなっている。

道悪は初めてだが、血統からは問題ない。

陣営は「硬さがなく状態面はいい。今年のメンバーならチャンス」とコメントしている。

 

ソダシは、1600mベスト。

前走の府中牝馬Sが強い内容で、阪神も全く問題ない。

ただ、吉田隼騎手の「古馬になってマイラーからスプリンターよりになっている」という

コメントが気掛かり。

道悪がどうか。

 

ダノンスコーピオは、前走の富士Sで56kgを背負って強い内容。

阪神3勝・斤量・叩き2戦目などプラス材料が多い。

ただ、陣営は「できれば良馬場でやりたい」とコメントしている。

道悪はマイナス材料。