合同会社鷲田鷲男商店

競馬予想とデータ収集とブログとnoteとたまにボートレース担当 鷲田好位置  一口馬主とつまみと酒と旅担当 鷲田鷲男

【土曜中山】ダービー卿CT(GⅢ)予想

安田記念へと続くハンデ重賞》

2023年4月1日(土)

【中山11R】ダービー卿CT(GⅢ)

◎⑪ウイングレイテスト

◯⑭ベレヌス

▲⑯ゾンニッヒ

△⑥、③、④、⑨、⑮、②、⑬

 

《Point》

・馬場の回復

・今週からBコース

・先行馬に注目

 

〈ウイングレイテスト〉

前走の小倉大賞典は、『0.8秒差・8着』と敗れてしまいましたが、松岡騎手が

「馬場ですね」とコメントしていたように、道悪の1800mでは距離負担が大きすぎま

した。

2勝を挙げていることからベストは1600mです。

今回は距離短縮が大きなプラス材料です。

実際、中山1600mでは(1.1.1.2)と好成績を収めています。

畠山師は「良馬場で見直したい」とコメントしています。それも叶いそうです。

据え置きのハンデ57kgで先行力を活かすことができれば。

 

ベレヌスは、前走の京都金杯で状態面が良かったにもかかわらず、

直線ではバタッと止まってしまいました。

物足りない内容でしたが、今回は立て直された効果に注目します。

杉山晴師は「暖かくなって動きが良くなった。何が何でもハナへ行くレースをさせたい」

とコメントしています。

3走前の京成杯AHでは道中の捲りで苦しくなってしまいましたが、

それでも『0.2秒差・5着』なら中山もこなせそうです。

 

ゾンニッヒは、中山1600mが(1.2.0.0)とベスト条件です。

前走の東風Sは超スローペースでしたが、2走前の若潮Sの勝ち時計『1:32.7』は

優秀なものです。

2走とも上がり最速をマークしています。

大外枠に入ってしまいましたが、ハンデ56kgなら重賞でも通用しそうです。