合同会社鷲田鷲男商店

競馬予想とデータ収集とブログとnoteとたまにボートレース担当 鷲田好位置  一口馬主とつまみと酒と旅担当 鷲田鷲男

2024『京都記念/共同通信杯/クイーンC』レース回顧

日曜京都7Rで出資馬<ロードラプソディ>が待望の2勝目を挙げました!!2年ぶりの勝利でしたが、ここからダートで息の長い活躍をしてもらえればと思います。目指せ地方交流重賞!!

 

2/11()【京都記念

<レースのPoint>
・アフリカンゴールドが後続を離しての逃げ
・上位2頭以外はGⅡの割にメンバーレベル低い

<1着・③プラダリア>
池添騎手は「この感じならもう一度G1に臨んでいけるのではないかという内容」と振り返っています。上がりの掛かる今の京都を味方にした分、べラジオオペラに競り勝った形です。

<2着・ア⑤べラジオオペラ>
今回は2200mをこなせるかどうかだけがポイントでしたが、問題なくクリアしました。惜しくも敗れてしまいましたが、後続に2馬身差をつけていますし、決して悲観する内容ではありません。2000mの大阪杯では有力候補となります。

<3着・①バビット>
最内枠ならハナを切ると思っていましたが、アフリカンゴールドを行かせての2番手。それでも実質ハナを切っているような展開でした。長らく不振が続いていましたが、明け7歳を迎えて復調。ただ、3着以下は大きな力差を感じないだけに、相手が強化された際の対応には疑問符が残ります。

<6着・穴②ブレイヴロッカー>
「力が備わってくればこのクラスでも十分勝負できる」と酒井騎手が話しているように、結果的にここでは力不足だったようです。

<7着・穴⑦プラチナトレジャー>
「もう少し脚を使えると思ったけどラスト1Fで止まった」(岩田康騎手)

<8着・軸⑨ルージュエヴァイユ>
あまりにも淡白な負け方でした。前走のエリザベス女王杯で馬場レベルの低下した芝に対応していましたが、今回の荒れ馬場は悪すぎた印象です。G1後の一戦で状態面の下降もあったのか?

<9着・穴⑪マテンロウレオ>
こちらも好位から全く伸び切れずに終わってしまいました…。どんどん狙いづらいタイプになってきています。

2/11()【共同通信杯

<レースのPoint>
・1000m通過《62.7秒》からレースの上がりが《33.1秒》
・究極の瞬発力勝負で先行馬が断然有利
・超出世レース

<1着・穴⑧ジャスティンミラノ>
前走後にマーカンド騎手が「距離は2400mでも大丈夫」とコメントしていただけに、1800mへの距離短縮は好感が持てませんでしたが、結果的には全く問題ありませんでした。キャリア1戦でこのレースを制したということはダービー馬の資格があります!!

<2着・⑨ジャンタルマンタル>
上がりを《32.6秒》まで短縮できたのは収穫ですし、負けて強しの競馬でした。ただ、勝ち馬と同じ上がりをマークしているように、ペースは少しでも流れてほしいタイプだと分かりました。

<3着・穴⑦パワーホール>
展開利があったことは確かですが、自身も《33.5秒》の上がりでまとめています。やはり軽い芝が合っています。

<4着・②ディマイザキッド>
1800mへの距離短縮を考えればスタートの出遅れが致命傷になってもおかしくありませんが、このメンバー相手に上がり最速《32.5秒》をマーク!これまでは上がりの掛かる重い芝で差し込んでいましたが、今回は軽い芝に対応してレースの中身は濃いものがあります。もっと長い距離でさらに良さが出そうです。

<5着・ア⑥エコロヴァルツ>
「レース前からテンションが高く心配していたが、懸念材料がモロに出た感じ。引っ掛かってしまい、ちゃんと走れなかった」(武豊騎手)

<6着・ア①べラジオボンド>
新馬戦で上がり《33.9秒》をマークしていますが、岩田望騎手から「道中の流れが遅く瞬発力勝負になってしまった」とコメントが出ています。上がりの掛かった方がベターかもしれません。

<7着・④ミスタージーティー
「ゲート裏までのテンションがきつく、いい精神状態で臨めなかった。スタート後の不利もあったし、馬が落ち着きたいところで後ろから乗りかけられてパニックのような感じ。力負けではない」と坂井騎手。不完全燃焼のレースが続いています。

<10着・穴⑤ショーマンフリート>
「3.4コーナーから手応えがなかった。全然伸びなかった。どうしてか分からない」(ルメール騎手)

 

2/10()【クイーンC

<レースのPoint>
・前半3F《35.4秒》(S)

<1着・ア⑬クイーンズウォーク>
4コーナー11番手から差し切りましたが、展開は向いていません。上がり最速《33.4秒》は優秀ですし、着差以上の強さでした。しかも、川田騎手は「1600mを走りたいわけではなく、タイミング的にここが良いのかなというところで1600mを使うことになっている」と既にオークスを見据えています。

<2着・③アルセナール>
木村師が「直線での不利が痛かった」と話しているように、あれがなければ勝てていた可能性もあります。それでも、《2.9秒》の時計短縮に成功しました!!

<3着・⑧ルージュスエルテ>
出遅れを跳ね返して追い込んできました。「過敏すぎるというところでメンコを着けることになったが効果はあった。燃えやすい気性なので、ゲートでいじらずそのままにしていたら、スタートがひと息だった。この形はこの形で収穫があったが、ラストは脚が上がってしまった」という横山和騎手のコメントからもベストは1400mでしょう。ただ、上がり33秒台をマークしたのは勝ち馬と2頭だけですし、十分に好内容と言えます。

<7着・穴⑫テリオスサラ>
「最後、バテていないが、もう少し速い脚が欲しかった」と戸崎騎手。距離延長や重い芝へのコース替わりで前進を期待します。

<9着・ア④サフィラ>
2ヶ月の休養を挟んだにもかかわらず、−10kgの馬体減…。デビューから一度も増えておらず、20kg以上減ってしまっています。元々、大きな馬ではないだけに心配です…

<11着・穴⑪ルージュサリナス>
「まだひ弱さがあるし、道中ずっと追っつけ通し。キャリアを重ねればいい方に変わると思う」(キングスコート騎手)