鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【日曜阪神】宝塚記念(GⅠ)予想

今年の宝塚記念はフルゲート。

有力馬に不安が多く、超難解な一戦となった。

 

《上半期を締めくくるグランプリ》

2022年6月26日(日)

阪神11R】宝塚記念(G1)

◎⑫ウインマリリン

◯⑬アリーヴォ

▲⑭キングオブコージ

△④、⑥、⑱、⑪、⑩、⑦

 

『パンサラッサ・タイトルホルダー・アフリカンゴールド』と逃げ馬が揃った。

ハイペースが濃厚で、差し馬を狙いたい。

 

〈ウインマリリン〉

近走は『エリザベス女王杯16着・大阪杯16着』と大敗続きだが、明確な敗因がある。

肘の腫れで、この馬のパフォーマンスが全くできていなかった。

今回は、栗東滞在で調整している。

陣営は「近2走とは毛づやが全然違う。調子のいいときの気合が戻ってきた。

内回りの2200mも歓迎」とコメントしている。

データからは、5歳馬・牝馬・継続騎乗などの好成績が目立つ。

低評価を覆す走りを期待する。

 

対抗はアリーヴォ

前走の大阪杯3着は驚いた。

今回は、初の2200mがポイント。

陣営は「前走は正直驚いた。ここまで成長する馬は珍しい。距離も心配していない」と

コメントしている。

 

キングオブコージが3番手評価。

2200mは得意で、2走前にAJCCを勝っている。

陣営は「前走はゲート裏でエキサイトしてしまった。本来は従順なタイプ」と

コメントしている。

相手は強いが、展開が向いたときの一発は怖い。

 

エフフォーリアは、長距離輸送が最大のポイント。

前走で経験済みだが、2回失敗する可能性は十分ある。

1番人気になるなら、評価は下げる。

 

タイトルホルダーは、2200mがどうか。

ハイペースはプラスに働く。

ファン投票1位に応えられるか。