鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【宝塚記念】レース回顧

2022年6月26日(日)

阪神11R】宝塚記念(G1)

日曜日の阪神芝は、圧倒的前有利。

パンサラッサが57.6のハイペースで逃げたが、後方から差してくる馬はいなかった。

〈1着・△⑥タイトルホルダー〉

天皇賞(春)菊花賞の勝ち馬が、2200mでレコード勝ちをするとは…

「強すぎる」の一言。

凱旋門賞でも十分好勝負になる。

〈2着・△⑩ヒシイグアス〉

初の2200mは全く問題なかった。

上がりも最速で、G1を勝てる力は十分ある。

〈3着・△⑦デアリングタクト〉

一度使ったことで、明らかに状態は良くなっていた。

松山騎手「秋はさらに良くなる」

〈4着・⑮ディープボンド〉

2200mの速い時計にも対応できた。

和田騎手「力を出しきった。バテても止まってもいない」

〈5着・⑨マイネルファンロン〉

このメンバー相手に5着。

7歳だが、まだまだ走りそう。

〈6着・△④エフフォーリア〉

大阪杯と同じような負け方。

早熟なのか…

イヤな負け方が続いている。

横山武史騎手「ペースが速すぎてついて行くのに精一杯」

〈7着・◎⑫ウインマリリン〉

この馬の走りが戻ってきた。

松岡騎手「秋が楽しみ」

〈8着・△⑪パンサラッサ〉

2200mは長かった。

吉田豊騎手「ベストは2000mぐらい」

〈11着・△⑱ポタジェ〉

吉田隼人騎手「明らかに前走とは違った」

状態面が良くなかったか。

〈14着・◯⑬アリーヴォ〉

武豊騎手「ペースが速くてついて行くのに精一杯」

 

《次走注目馬》

マイネルファンロン

ウインマリリン