鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【オークス・平安S】レース回顧

2022年5月22日(日)

【東京11R】オークス(G1)

レース直前にサウンドビバーチェが放馬。

15分も遅れたことで、3歳牝馬にとっては厳しい状況になった。

〈1着・スターズオンアース〉

牝馬2冠達成。

不利な大外枠だったが、全く問題なかった。

桜花賞のパフォーマンスは本物で、物凄く成長していることが分かる。

ルメール騎手は、今年重賞初制覇。

ここから勢いに乗っていきそう。

〈2着・スタニングローズ〉

レース前の予想通り、2400mで良さ出た。

この流れで2着に残ったということは、スタミナがある証拠。

〈3着・ナミュール

ジョッキーは「レース内容は桜花賞よりだいぶ良かった」。

もう少し短い距離がベスト。

〈4着・ピンハイ〉

またマイナス体重での出走となってしまったが、4着と強い競馬。

成長してくる秋は、すごく楽しみ。

〈5着・プレサージュリフト〉

ジョッキーは「スタートはそれほど良くなかったが、二の脚で良い位置につけられた」。

〈6着・ルージュエヴァイユ〉

ジョッキーは「トモがバラバラだった。それでも6着なら力のある証拠」。

〈7着・アートハウス〉

レース前のコメントの通り「バランスの難しさが出た競馬」。

〈9着・◎エリカヴィータ

ジョッキーは「勝てるチャンスのあるコンディションだった。先々は間違いなくG1を勝てるレベルになると思う」とかなり高評価している。

ただ、結果的にフローラSのレベルが低かった。

〈12着・サークルオブライフ〉

15分遅れたことが、かなり影響した一頭。

ゲート裏で汗の量がどんどん増えていた。

ジョッキーも「ゲートでイライラしていた。出遅れてしまった」とコメント。

でも、負けすぎ。

《次走注目馬》

ピンハイ

 

2022年5月21日(土)

【中京11R】平安S(GⅢ)

もう少し雨が降ると思ったが…

〈1着・テーオーケインズ

割引材料しかない中で快勝。この馬に勝たれたら仕方ない。

帝王賞にいい形で向かえる。

〈2着・ケイアイパープル〉

課題の左回りをクリア。

〈3着・メイショウハリオ〉

この展開でよく3着に追い込んだ。

良馬場でできたことも良かったが、強くなっている。

〈4着・スマッシングハーツ〉

この馬も展開が向かない中、よく追い込んだ。

このメンバー相手に4着なら評価できる。

〈5着・スワーヴアラミス〉

良馬場でできたことが良かった。

ジョッキーは「年齢的な衰えは感じない」とコメント。

〈6着・◎オーヴェルニュ〉

もっと雨降ってほしかった。

ジョッキーは「キックバックを嫌がる」とコメント。

今後は砂を被らない位置で競馬しないといけない。

〈7着・サンライズホープ

得意の中京でこのペースなら、残らないといけない。

ジョッキーは「馬がかわされて諦めてしまった」と嫌なコメント。

ただ、調教評価は「反応鈍い」と低評価だった。

〈8着・カデナ

展開の助けが必要。

〈9着・サンダーブリッツ〉

東京1600mベスト。

〈13着・ブルベアイリーデ〉

負けすぎ。ジョッキーは「ずっと嫌がっていた」とコメント。

嫌な負け方。

《次走注目馬》

ケイアイパープル

メイショウハリオ

スマッシングハーツ

 

今週は日本ダービー目黒記念・葵ステークス。