鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【日曜中山】中山記念(GⅡ)予想

先週のフェブラリーSは、カフェファラオが連覇達成。

予想以上の快勝で、これで東京1600mは4戦4勝。

今週から中山競馬が開幕。

メインは中山記念

 

2022年2月27日(日)

【中山11R】中山記念(GⅡ)

◎⑤パンサラッサ

○⑮ダノンザキッド

▲⑪カラテ

△⑭、⑦、⑫、⑧、④、③

 

〈パンサラッサ〉

2走前の福島記念は、ハイペースで逃げ切り勝ち。

前走の有馬記念でも注目していたが、さすがに2500mは長かった。

今回は重賞2勝目のチャンス。

ハイペースで逃げることが、この馬の絶対条件。

2番、13番、14番の3頭も逃げ馬だが、パンサラッサについていくとバテるのは確実。

これならパンサラッサはマイペースで行けるはず。

開幕週で逃げ・先行馬に有利な馬場になっていることもプラス材料。

データからは、枠・ローテーション・実績などのプラス材料がある。

陣営からは「自分の競馬をするだけ」とコメントが出ている。

 

注目はダノンザキッド

前走のマイルCSは、グランアレグリア相手に0秒2差で評価できる。

休みを挟んで、完全に復調している。

中山はホープフルS勝ちの舞台で、全く問題ない。

開幕週の外枠はマイナス材料だが、ここは実績最上位。

 

前走は強い内容のカラテ

東京新聞杯は、前が開かずに大外に持ち出す形になったが

上がり33秒9の脚で3着に追い込んだ。

コースが中山に替わることは、確実にプラス材料。

問題は久々の1800m。

最後の重賞となる調教師からは「距離は全く問題ない」とコメントが出ている。

 

 

【最新動画】


www.youtube.com