鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【日曜中京】チャンピオンズC(G1)予想

《ダート頂上決戦》

2022年12月4日(日)

【中京11R】チャンピオンズC(G1)

◎⑤ジュンライトボルト

◯⑫テーオーケインズ

▲⑩クラウンプライド

△③、⑨、①、②、④、⑪

 

〈ジュンライトボルト〉

ダートに替わって、3戦2勝と適性の高さを示している。

前走のシリウスSも非常に強い内容だった。

鞍上の石川騎手は「G1が見えてきた」とコメントしていた。

中京1800mは全く問題ない。

先行力がある点も強みとなる。

陣営は「4コーナーの加速力はこの馬の武器。さらに相手は強くなるが楽しみ」と

コメントしている。

 

昨年の勝ち馬・テーオーケインズ

前走のJBCクラシックは、クラウンプライドに0.4秒差をつける強い競馬だった。

決め手が強烈で、先行馬が少ない組み合わせはプラス材料。

陣営からは「精神的に大きく成長したことで出遅れることは全くなくなった。

前走よりも出来は上」と力強いコメントが出ている。

 

クラウンプライドは、古馬相手のG1でも通用している。

まだテーオーケインズとは力差があるが、重いダートを得意としている。

中京も全く問題ない。

陣営は「すぐにダメージは回復。充実している」とコメントしている。

 

ハピは、コース替わりが大きなプラス材料。

直線の長いコースが合っている。

ただ、上がりは掛かってほしいタイプで、先行馬が少ない組み合わせはマイナス材料。

陣営は「フレッシュな感じで疲れも全然ない」とコメントしている。

 

ノットゥルノは、コース替わりがプラス材料。

今回は相手強化で、通用するかどうかが最大のポイント。

陣営は「2走前の状態と雰囲気に近づいてきた。左回りも問題ない」と

コメントしている。