鷲田鷲男商店

予想担当 鷲田好位置

【日曜新潟】関屋記念(GⅢ)予想

新潟競馬場の芝は、13日(土)の大雨で重馬場発表。

14日(日)も雨予報が出ている。

馬場状態は要チェック。

 

《サマーマイルシリーズ第2戦》

2022年8月14日(日)

【新潟11R】関屋記念(GⅢ)

◎⑩ワールドバローズ

◯⑫ウインカーネリアン

▲⑧ダノンザキッド

△⑪、①、⑦、⑤、⑨

 

〈ワールドバローズ〉

この馬は1600mベスト。

前走の京王杯SCは、1400mだったが、1着から僅か0.2差と強い競馬だった。

今回はプラス材料が多い。

過去に道悪で2着の経験があり、重馬場は問題ない。

陣営は「前走はよく差を詰めてきた。左回りの1600mはいい」とコメントしている。

データからは、前走内容・4歳馬などのプラス材料がある。

馬場を味方に、重賞初制覇を期待する。

 

本格化しているウインカーネリアン

2走前の谷川岳S(新潟1600m)が優秀。

負かした相手もベレヌスだった。

道悪がどうかだが、重い芝を得意にしている。

調教も抜群で、陣営は「精神面の成長も感じる」とコメントしている。

 

実績上位のダノンザキッド

持続力の馬で、雨はプラスに働きそう。

陣営は「1600mがベスト。賞金加算を」とコメントしている。

 

イルーシヴパンサーは、まだ本調子ではない。

瞬発力が抜群で、道悪もどうか。

 

スカイグルーヴは1400mベスト。

久々の1600mで、道悪になるとどうか。

ただ、調教は抜群。